ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

雑学の話

血液型で性格が違ってくるってホントなの?血液の脳への影響

投稿日:

B型の人ってどんなイメージがあるだろうか?

協調性がない、自己中心的、わがままな気分屋…。

A型になると几帳面で真面目。

このように、血液型であれこれ言うのが大好きなのが日本人だ。

しかし、血液型占いや血液型別のマニュアル本が大 ヒットするのは日本だけの話。

よく考えてみると、人間の4種類に分別するなんてできるわけない。しかも血液型で。

なのに、 人と会うとついつい「血液型はなに?」と聞いてしまうから不思議だ。

スポンサーリンク

血液型の発見と脳への影響

血液型の始まりは20世紀初頭。 オーストリアのカール・ラントシュタイナー 博士が血液はABO型に分類できると発見した。

血液型の違いは、赤血球の表面にある血液型物質のちょっとした違いだけ。

その血液型物質は、脳だけには存在しないという。

 

つまり脳は血液型の影響をまったく受けないということになるのだ。

日本で血液型診断が流行している理由

ではなぜ、日本ではこれほどまでに血液型診断が流行し、信じられているのか?

きっかけは「血液型人間学」という本が出版されたこと。この本によって、1970年代から血液型と性格を結び付ける診断方法が大流行したのだ。

B型=わがまま

A型=まじめ

O型=大雑把

AB型=二重人格

そんなイメージは、この本の出版が作り出した科学的根拠のない幻想と言えるだろう。

A型とB型の相性が悪いなんてのも、ただのイメージに過ぎない。

 

また、日本人だけに血液型診断が流行した理由に「血液型の分散」がある。

日本人全体でA型は約40%、B型は約20%、O型は約30%、AB型は約10%と、良い具合に分散している。

ある国では、80%以上がB型だったり、4種類の血液型にかなりの偏りがある。そんな国では血液型性格占いなんてそもそも成立しえないのだ。

それでも、血液型で性格が変わるような気がする

血液型で性格が変化しないことは、科学的になんの根拠もないと完全に立証されている。

でもなんとなく、ホントに血液型別で性格が違うように思ってしまう。

これはもう日本人がこどもの頃から血液型を信じすぎて、その血液型の性格に後天的になってしまっている…のかもしれない。

スポンサーリンク

-雑学の話

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.