ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

ためになる話

第六感や直感はホントにある!専門家の驚きの意見とは?

投稿日:

人間は触覚・視覚・味覚・聴覚・嗅覚と5つの感覚をもっている。

しかし未来予知や遠視などの”第六感”が存在するという説も確かに存在する。

ホンマでっかTVで「第六感は本当にあるのか?科学で徹底分析」というテーマが放送された。

第六感や直感はホントにあるのだろうか?その内容を紹介したい。

スポンサーリンク

10秒前に恐怖反応?

イギリスのデイリーメールによると「人間には10秒後を予知する能力がある」という。

ノースウエスタン大学がたくさんの被験者を集めて、ランダムで怖い映像と普通の映像を見せる実験を行った。しばらくすると、怖い映像を流す10秒前に、偶然ではかたずけられないほどはっきりと脳波や心拍数が変化したという。

生物学の池田先生によると、映像を何度も繰り返し観ることで10秒前に身体が反応してしまっているのではないか、とのこと。

人間は第8感まである?

人間は五感を持っているが、実はあと3つくらいの感覚があるのではないかといわれている。

そのひとつとして考えられているのが「磁気感覚」と呼ばれる、磁気を感じる力。

動物の中には磁気感覚を持っている種もあり、渡り鳥は磁気を感じて目的地がわかるという。

それらの動物と同じように、人間の目の中にも磁力を感じる受容体があるのではないかという研究が進んでいる。

もしかしたら、透視能力者は”磁気”を目で感じている可能性があるのだ。

一流の棋士は普通の人とは違う脳部位で判断している

超一流の将棋の棋士は、盤面を見て理論的に最適な一手を指しているわけではないという。

「(最適な一手が)フッと浮かんでくる」と、そう表現する棋士が多い。

プロ棋士に協力してもらい、MRIで脳の活動を調査しながら、将棋の次の一手を考えてもらう実験をした。その結果、脳の中でも理論的に判断する部位ではなく、大脳基底核の尾状核と呼ばれるとても原始的な部位が活性化することがわかった。

そのため、意識的に考えて判断するのではなく、直感的に感じて次の一手を決めていると推測されるという。

 

人間にはまだまだ発見されていない未知の力が眠っている。こういった専門家の話を聞くと、そんなことも十分にあり得るのではないだろうかと思ってしまう。

透視能力や予知能力などが、いつか科学で完全に解明される日が来るのではないだろうか。

スポンサーリンク

-ためになる話

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.