ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

面白い話

あるある探検隊でブレイクしたレギュラーが介護業界に!!その理由とは?

投稿日:

「あるある探検隊!あるある探検隊!!」

「かんでたスルメをみせられる!」

あるある探検隊のリズムネタで一世を風靡したレギュラー。テレビ出演も減り、消えたと思われていたが…じつは介護業界に進出していたという。

その理由とはなんなのだろうか。

スポンサーリンク

レギュラーが介護!?

週刊女性2016年3月29号の記事によると、お笑いコンビ「レギュラー」のふたりが介護業界にチャレンジしていることがわかった。

ボケの担当松本康太(まつもと こうた)とツッコミ担当の西川晃啓(にしかわあきひろ)のふたりは、介護職員初任者研修を修了していたという。

 

松本がボランティア活動や祖母の認知症をきっかけに介護に興味を持ちはじめた。そんな松本が西川を誘い、一緒に勉強を始めたという。

お笑いの仕事が少ないこともあり、月~金までガッツリと授業を受けることができたふたりは、そこで介護業界に対するイメージがかわった。

実際に授業を受ける人達は中年以降の方が多く、現実的に老老介護が増えていることを実感したのだ。

 

「介護の現場は笑っている人が少ないんです。だからこそみなさんが楽しめることもしていきたい」

インタビューの最後には「講演会や施設への訪問の依頼は吉本まで!」とちゃっかり宣伝。

最近のお笑いは、別の業界とのコラボレーションで活躍している人が多い。

「占い芸人」

「トイレ芸人」

「家事芸人」

レギュラーのふたりは、さしずめ「介護芸人」というところか。

「介護の現場には、笑顔が必要なんです!」

レギュラーが介護活動すれば、介護業界を少しでも明るくすることができるだろう。

レギュラーのあるある探検隊ネタ

「あるある探検隊!!あるある探検隊!!」

 

「隣のジジイの犬逃がす!」

「ジジイのなれ初めエロ過ぎる。!」

「あ・うんの呼吸でだまされる!」

「ジジイかババアかわからない!」

「秋田のなまはげ怖すぎる!」

「ババアのハートに火をつける!」

「ネズミ花火に襲われる!」

「自分の手前で売り切れる!」

「異例の早さで落ちぶれる!」

 

いまでも結構面白い。

ひょっとしたらこれからのレギュラーは、介護関係のあるある探検隊ネタがいっぱい出来るかもしれない。

当時からジジイ、ババアネタが多い気もするが…。

スポンサーリンク

-面白い話

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.