ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

面白い話

ナイナイの岡村と矢部が本音トーク!久しぶりに一緒の飲み会に参加した時の話。

投稿日:

「華丸大吉25周年記念祝いめでたSP」に特別ゲストとして、ナインティナインのふたりが登場した。

博多華丸大吉と4人で屋台に座り、酒を飲みながらの本音トーク。

その中で、ナイナイのふたりがめずらしく一緒の飲み会に参加した話を披露した。

スポンサーリンク

ナイナイのふたりが飲み会!

「ふたりで飲むこととかあるの?」

そう大吉が聞く。

 

「ないない!」と声をそろえるナイナイのふたり。

「え~とね、入院して復帰した後に、中居正広から、オレ連絡があって…今、岡村君とスタッフと飲んでる。矢部君これない?中居ってそんなん好きやねん、なんか」

次の日に特別な予定もなかった矢部は、その飲み会に参加したという。

すると、岡村はすでに相当飲んでいて、出来上がっていた。

「病気をした後で楽しそうな相方を見たことがなかったから、まあ、その時楽しそうで…全裸になって」

岡村の事を心配している矢部の心情が伝わる。

「でも、オレが行って30分くらいで帰った!」

「へへへへ…」

 

 

「照れくさいものなの?別に仲悪くないじゃん」

という大吉の質問に、岡村の本音がこぼれる。

高校の頃からず~っと一緒のふたり。だからか、矢部が自分に飽きてしまう部分があるという。

「相方が俺に飽きてまうのよ」

「アハハハハ!」

矢部が笑う。

 

ずっと一緒の楽屋だったのに、いつの間にか楽屋が別々になったことがあったが、それも矢部の言いだしたことだという。

「ずっと根にもってんのよ~」

矢部曰く、本番で一番いいコンディションでやりたいために、楽屋を別々にしたという。

反省会なんかするの?という質問にも「全然しない」と答えるナインティナイン。仕事以外にしゃべることはないという。

「それもオレが作った空気だと思う」

ふたりの間の距離感について、そう矢部は語った。

 

かつて岡村が入院してしまい、芸能界復帰が危ぶまれた時、「もし岡村が芸能界を辞めるなら自分も辞める!」と矢部が言ったのは記憶に新しいところだ。

ふたりで飲みにも行かない、仕事上でしかしゃべらない、そんなナインティナインであるが、だからといってふたりの絆が弱いというわけではないだろう。

スポンサーリンク

-面白い話

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.