ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

面白い話

三四郎の小宮がひねくれた性格になってしまった原因とは?

更新日:

物事に悪い面ばかりを気にしてしまう人間、言われたことをネガティブに受け取ってしまう人間、きっとそんな人が周りにいるだろう。

そんなひねくれた人間の代表的存在、三四郎の小宮が、自分がひねくれてしまった原因を赤裸々に語った。

スポンサーリンク

三四郎の小宮がひねくれた原因

三四郎がブラックマヨネーズのトーク番組「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」に出演し、自分のひねくれた性格の原因を包み隠さずに披露した。

 

自分が良く見られたいという思いが強すぎて、平気でウソをつくという小宮。

小学校の頃、クラスの男子グループ1軍に入りたくて、クラスのマドンナ的な女の子と付き合っているとウソをついてしまう。

シャワーを浴びながら「バレたらどうしよう…」と思い悩んでいたが、そのウソもついにバレてしまう。マドンナ的女の子は泣きだし、クラス中の女の子から罵詈雑言を浴びせられたという。

また、体育の時間にバスケットボールをしていると、あり得ない数のパスが回ってきたりしたこともあったという。

この様なつらい経験を重ね、だんだんと性格がひねくれていったようだ。

 

「昔っから変わっているとか、所作とかも変だし、言われ続けてたんで、クラスの男子とかに。それで多分ひねくれたんじゃないかなと自負してますね」

「小学校の頃から、ボクがなんかやる前に、みんな嫌うんですよ、ボクの事…(ブラマヨ吉田に)わかるわかるじゃないですよ!」

頷きながら話を聞くブラマヨ吉田にツッコむ小宮。

 

いじめがあったり、生来の嫌われ体質と思い込んでいたり、過剰に自分を良く見せようとしたり…そんな事が積み重なり、三四郎の小宮のひねくれた性格が形成されてしまったようだ。

しかし今では、その「ひねくれ」を逆に武器にして活躍している。

同じくマセキ芸能社に所属する出川哲郎、狩野英孝に続く逸材として、これからも活躍していくのではないだろうか。。

スポンサーリンク

-面白い話
-

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.