ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

面白い話

蛭子能収の人生相談「50年間、彼氏ができません。気軽に声をかけてもらう方法はないでしょうか?」

投稿日:

女性自身7月12日号の「蛭子能収のゆるゆる人生相談」は、50年間彼氏がいなかった女性からの相談。

かなり毒のある蛭子能収の回答は必見だ!

スポンサーリンク

50年間彼氏ができません…

50年間、彼氏ができません。女の友達からは「華がある…」と言われますが、殿方から声がかかりません。

私が話すと「深いな~」と感心されるだけ。気軽に声をかけてもらう方法はないでしょうか?

月乃さん(54)

蛭子さんの辛辣な回答

気軽に声をかけてもらうためには、まずスキがないと。太っていたり、間が抜けていたり…というよりも「華がある」とか「深いな~」は褒め言葉ですか?そう思っているなら自信過剰だと思いますよ。周りはアナタのことをめんどくさいと思っているだけかもしれません。

そもそも50を過ぎたら、周囲の評価はどうでもいいこと。オレも人からどう思われているかすごく気にするタイプでした。「口が臭い」といわれて落ち込んだこともありますよ。でも口臭など人に迷惑がかかることは直せるけど、顔や性格はどうしようもありませんからね。

それに彼氏もできずに、気軽に声もかけられないで、50年間生きていたのなら、これからもそのまま生きていったほうがいいですよ。いまさら自分を変えるなんて難しいし、ありのままを受け入れたほうが楽です。

そして、そんな自分をネタにしてみたらどうですか。「深くて華がある私はなぜかモテない」という小説を書いてみたらどうですか。売れるかどうかはわかりませんが…。

 

あきらめてすべてを受け入れて生きる生き方

「周りはアナタのことをめんどくさいと思っているだけかもしれません」

女性の相談内容の中に見え隠れする”鼻につく自信過剰さ”を、痛快なまでにぶった切っている。

普段もこんな風な相談をしているとしたら、たしかにめんどくさい人だろう。

蛭子さんは「あきらめてすべてを受け入れて生きたほうがいい」と、的確なアドバイスを送っている。

自分自身をネタにできるくらいになれば、きっと楽に生きれるだろうし、男性も気軽に声をかけてくれるようになるだろう。

 

…でもこんな人は、蛭子さんのアドバイスを絶対に受け入れないだろうな~。

スポンサーリンク

-面白い話

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.