ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

面白い話

千原ジュニアが語るせいじのオカシイところ!公園で遊んでて…

投稿日:

アメトークの「家族オカシイ芸人」で、千原ジュニアが兄であるせいじのエピソードを語った。

その無茶苦茶な行いは、こどもの頃からの筋金入りだったようだ。

スポンサーリンク

せいじ、公園で遊んでて…

こどもの頃、ジュニアとせいじのふたりが近所のトンネル公園という公園で遊んでいたとき。

わ~っと遊んでいて、せいじがコケた。コケた地面にたまたまうんこがあったという。

せいじは”ひざ”でうんこを踏んでしまったのだ。

 

せいじはずっとひざを見ながら「なんでひざやねん…」と泣いていた。

 

こういう兄の元に弟として生を受けたんやな…とジュニアはしみじみ思ったという。

せいじ、マラソンで優勝!?

せいじが高校生の時、恒例の10kmマラソンがど~しても嫌だったせいじは一計を案じる。

親戚のお姉ちゃんに車を出してもらい、スタート直後に小道に入って隠れて乗車。そのままゴールまで連れていってもらったのだ。

その結果、10kmマラソンを10分切ったという。

 

結局せいじは、マラソンの新記録を出してそのまま停学になった。

せいじ、息子の名前を決めるとき…

せいじは自分の名前が3文字なので、なぜか2文字の名前に憧れるようになった。

そして息子には2文字で呼ばれる名前を付けてやりたいと強く思うようになる。

そこで付けたのが「夕」(ゆう)という名前。

 

この間、公園でこどもたちが遊んでいるのを見ていたせいじは愕然とする。

自分の息子は、まわりの友だちに「ゆう」ではなく「ちっはー」と呼ばれていたのだ。

 

千原兄弟といえば、どちらかといえば目立つのは千原ジュニアの方。

だが、かつて引きこもりのジュニアを無理やり芸人の道に引っ張り込んだのはせいじだ。いろんな社長と仲が良かったり、アフリカの現地の人ともすぐ仲良くなってしまう不思議な魅力がせいじにはある。

めっちゃくちゃだけれど、人間として凄いのは、ジュニアよりもせいじの方なのかもしれない。

スポンサーリンク

-面白い話
-

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.