ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

面白い話

「新聞まとってるヤツが歩いてきた!」千鳥大吾ダサすぎてみんなが引いたファッションとは?

投稿日:

アメトーーク「学生時代の友だちとコンビ芸人」に千鳥のふたりが出演、学生時代の思い出を披露した。

当時の大吾はめちゃくちゃにダサいファッションセンスだったという。

ノブが語る思い出とは?

スポンサーリンク

新聞紙を着ている!?

大吾は北木島という離島の出身で、そこから本土にある高校に進学した。

当時の島には服屋がなく、そのせいかとにかくファッションセンスがダサかったという。

クラスメートの度肝を抜いたエピソードを千鳥ノブが披露した。

 

高校1年生のとき、クラスメートのみんなでボーリングに行くことになった。

「遅れました~」

と、ボーリング会場に遅れてやってきた大吾。

その服を見ると…なんと英字新聞のシャツだったのだ。

 

「英字新聞のシャツわかります?英語の記事がブワーっってなってるシャツ。あれの、上下で着て来たんですよ

 

英字新聞のシャツならわかるが(それでも十分にダサい!)、大吾はズボンにも全面英字新聞がプリントされたものを履いていたのだ。

 

「上下あるの?」

「あれの下みたことない!」

スタジオは爆笑に包まれた。

 

大吾が苦笑しながら口を開いた。

「マジで、遠くから見たら、新聞まとってるヤツが歩いてきたみたいな…

 

大吾はとにかくファッションセンスのズレが凄かった。

クラスメートがリーバイスやエドウィンのジーンズを履いている時、大吾が履いていたジーンズは「紅サソリ」だったという。

「聞いたことない!」

「どこに売ってんの?」

これまた会場は爆笑であった。

その他人とは違う感性が千鳥の面白さのヒミツ…かもしれない。

スポンサーリンク

-面白い話
-

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.