ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

面白い話

ブラックマヨネーズ吉田の恥ずかしいポエムの内容とは?

投稿日:

アメトーークの「相方どうかしてるぜ芸人」で、ブラマヨ小杉が相方吉田のポエムを公開した。

その恥ずかしいポエムの内容を紹介しよう。

スポンサーリンク

ブラックマヨネーズ吉田の恥ずかしいポエム

「相方どうかしてるぜ芸人」に出演したブラックマヨネーズ小杉が、相方吉田の古ぼけたノートを持参し、そこに書いてある吉田のポエムを発表した。

自由が欲しくてこの世界に入ったが、結局リードで繋がれていた。

誰にも飼われたくなかったが、飼われていた。

「リードがあるならがんばれない」というのは簡単。

飼い主にコイツどこまで行くねん!と思われるくらいリードのヒモがピンピンになって、俺がひっくり返るくらいまず走ってみたい。

飼われている間はとりあえずの安心感はある。でもそこで落ち着いたのではリードが長いだけで、犬だ。

「リードが長いってのもね、当時犬飼ってる娘と付き合いだしただけなんですよ!こいつ」

「こんなん、止めた方がええに決まってますやん」

小杉がポエムを止めてしまえと言うと、勝手にポエムを発表された吉田が怒りの声を上げる。

 

「いやいや、ち○ぽ切られて、ちょっとおしっこ出て、お前、おしっこ垂れてるっていってるようなもんやで、それ!!」

「例えがヘタクソか!お前は!!」

 

それを聞いたみんなの頭の中に「??」が充満する。

おしっこを我慢しているのに、切るから垂れたんだ!!

そうブラマヨ吉田は説明したが、例えを説明しても、その説明がわけがわからない。

 

共演した芸人たちはブラマヨ吉田の言いたいことがまったく分からず、必死に説明する吉田の姿に爆笑していた。

スポンサーリンク

-面白い話
-

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.