ナニガシかの面白い話まとめ!

日刊ナニガシィ

感動する話

菅田将暉の手紙にダウンタウンが感動の涙!その全文を紹介

投稿日:

ダウンタウンなうに人気俳優菅田将暉が出演した。

ダウンタウンが好きすぎるという菅田将暉は、まともに喋れないかもしれないからという理由で、ダウンタウンのふたりに手紙を書いてきた。

その手紙の内容を紹介しよう。

スポンサーリンク

菅田将暉がダウンタウンの送る手紙の内容

お酒は弱い菅田将暉は、ダウンタウンを前に極度に緊張してしまい、必要以上にお酒を飲んで顔が真っ赤になってしまった。緊張とダウンタウンに会えた感動で涙ぐみながらも、その手紙を読み上げた。

ダウンタウン様へ

始めまして。俳優業をしています。

面と向かうとまともに話せそうもないので、お手紙を書いてきました。

僕は16歳で上京して今まで一人暮らしなのですが、当時仮面ライダーでデビューしまして、東京という何もしらない町で、昨日まで普通の高校生だった自分が朝4時に家を出て、東映の撮影所で1日を過ごし、24時前に帰宅するという日々の中で、唯一の家での自分の時間がダウンタウンさんのDVDや番組を見て笑うことでした。

これは別に辛かったから癒されました、という暗い話ではなく、ダウンタウンさんを好きになったきっかけです。

その時は「ごっつええ感じ」ばっかり見てました。

「トカゲのおっさん」「ゴレンジャイ」「アホアホマン」「MR.BATER」など、挙げるとキリがないのですが、永遠と見てました。

めちゃめちゃ笑いました。

(ごっつええ感じ内のコントの)記者会見でのそれぞれのコメントやコスチュームは全て台本なのかな、だとしたらすげーなぁ。

はたまた、全てそれぞれの人のアドリブというか、ネタなのかなぁ、すげーなぁ、と。

「ゴレンジャイ」内での浜田さんのリアクションは、本当にどんなレンジャイで現れるのか知らないように見えるけど、だとしたらそこから転回(原文ママ)されるイジリや会話、じゃ次はこうしてこいと、また次の回が楽しみになるフリで終わる。

そして終わり際に浜田さんは「これまだ続くん?(笑)」的なことを言って去っていく。

そこで僕は、単純にゲラゲラ笑いつつも、「え、これ全部その場の空気でやってはんの!?えぐない!?」と。

何かはわからない、圧倒的な大きいものにふみつぶされる感覚でした。

僕らはただ笑っているだけですが、自分も芸能界に入りお芝居でモノづくりを始めてから、より一層お笑いってすごいなぁと感じました。

こと、お芝居に関して言えば、基本的にカメラは見ませんし、そもそも意識しません。ある種の架空の世界を作り、その世界で行われている日常を演じるわけですが、これがコントとなると、見せ方が声の大きさなど、今何が行われているかきちんと見せる必要があるはずなんです。

でも、わざとらしかったり、あまりにも非日常過ぎるとお客さんを置いてけぼりにしてしまい、どんだけ面白いことをしても必ず意識や体をお客さん側にしなきゃいけない。

ちょっと何言ってるかわからなくなってきましたが、とにかく、僕の中でお笑い芸人さんは、一番なんです。

その中で、ダウンタウンさんが一番なんです。

とうことが今日は言いたかったことです。

まず、ダウンタウンさんの何にひかれたのかを簡潔にお話しします。

一つ目に漫才等で松本さんがボケた際に浜田さんがちょっと笑って受けるところです。

そのリアクション(驚き方や怒り方や疑問感)があまりにも自然で、もちろんそのサプライズ感というか、キテレツな松本さんのボケがまずスーパー面白いんですが、そのドデカイ波のようなものを浜田さんのリアクションによってちゃんと現実世界とのギャップや、わかりやすく「この人は変なことを言っている」となるあの感じがすごく好きです。

そして、その2、

その間松本さんが、さも自分が地球の中心だといわんばかりの表情と言動を貫き通すのがすごい面白いです。

そして、特にガキ使のハガキトークなどである2人して笑う瞬間!

自分が面白いと思うものを全力で、しかもそっきょうで周囲をまきこんでいく中、おもわずたえきれず2人して笑ってしまうあの瞬間。

あれがたまらなく好きです。と同時に、あれを僕ら素人がやるとただの身内ネタになり、それこそサブくイタイタしくなると思うんです。

でもそれをテレビでありにしてしまう辺りがすげーなぁと思います。

そして、その3が人物像です。

正直テレビでみてると怖いです。

でもそれは悪い意味ではなく、これは僕の自論というか感覚なんですが、ひととしての怖さ、他人が怖いと思うのは、すごく大事なことと思うんです。

スターや人の上に立つ人には、どこか欠かせない要素だと感じる。この色気がおふたりともすごいあるのがまたかっこいいと思う部分です。

ハガキトークでのネクタイが長い長くない、チ○コかくれてるかくれてないだけを20分くらい話していた回をおぼえていますでしょうか?

あれとか100回はみました。

大の大人がテレビで自分のチ○コが長いネクタイでかくれているかどうかを、必死に汗だくになって語るなんて、平和でどこか身近でとにかく笑いました。

そしてダウンタウンさん、特に松本さんの名言集をあつめたサイトが世の中にたくさんあるのですが、その中で一番好きなのが「神様は人間を作ったかしらんが、オレは笑いを作っている」という名言です。

作っていると言いきれて、笑いになる人物像を自分で客観視できてないとできないこの発言に、カッコよさと笑いが共存していて、アイコンでありながらお茶の間でははまちゃんまっちゃんと呼ばれる、そのバランス。

そしてそれが狙いなのかたまたまなのか、ま、基本的にぼくらのはるか上をいっている頭だから狙いだとは思うのですが、その曖昧さがまたセクシーで魅力的かつ怖さなんだと思いました。

色々長々といいましたが、常に新しい事変化を求め、そして仲の良いおふたりにボクはどこか憧れています。

スイッチでの浜田さんのコンビ愛や、松本さんを未だにリスペクトしているところも素敵です。

とにかく、今日はお会いできて幸せです。

こうして一緒にお酒を飲めて、感謝しています。

これからもテレビで笑わせていただきます。

 

2016年4月15日 菅田将暉

涙で声をつまらせながら、必死に読み上げた菅田将暉。

ホンモノのファンが持つ熱量に、ダウンタウンのふたりは苦笑しながらも感動している様子であった。

スポンサーリンク

-感動する話

Copyright© 日刊ナニガシィ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.